コンチャ・イ・トロ マルケス・デ・カーサ・コンチャ カルメネール

トップ > コンチャイトロ > コンチャ・イ・トロ マルケス・デ・カーサ・コンチャ カルメネール

ミケランジェロ・インターナショナル・アワード金賞 (2009年ヴィンテージ)
ワイン・アドヴォケイト誌 91点(2009年ヴィンテージ)
ワイン・スペクテイター誌 88点(2009年ヴィンテージ)
ワイン&スピリッツ誌 91点(2009年ヴィンテージ)

南米のプレミアム・ワイナリー 「コンチャ・イ・トロ社」

商品コード:wdnl0814

コンチャ・イ・トロ マルケス・デ・カーサ・コンチャ カルメネール

色・容量: 赤・750ml
産地: チリ
品種: カルメネール 85%  カベルネ・ソーヴィニヨン 15%
味わい: フルボディ
※セットを複数ご注文の場合、セットごとの梱包ではございません。

参考価格:99,999円(税別)

販売価格:1,980 円(税別)

21 ポイント付与


商品説明

外観は深紅色。プラムや黒いフサスグリ、ダークチョコレート等の伝統的なペウモ畑のニュアンスが感じられる一方、柔らかく丸みのあるタンニンのモダンな味わいもあります。はつらつとした酸としっかりとしたタンニンが特長の骨格を持ったワインです。

香辛料で味付けした赤身の肉料理、ブルーなど香りの高いチーズとの相性が良いです。

 

19世紀、スペインの名門貴族コンチャ伯爵家のドン・メルチョー氏が、世界有数のワイン銘壌地ボルドーからブドウの苗をチリへ持ち込み、ブドウ栽培に最適な気候をもつマイポ・ヴァレーにブドウ畑を開拓し、コンチャ・イ・トロ社の基礎を築きました。


『マルケス・デ・カーサ・コンチャ』というブランド名は、コンチャ家が 1718年にスペインのフェリペ国王から授かった侯爵(マルケス)の称号から来ています。
単一畑で収穫したブドウだけを使用し、フレンチオーク樽での丁寧な熟成によって生まれる贅沢で伝統的なワイン。飲む人と栄光を友にする特別なワインにしていただきたいという願いを込めたコンチャ・イ・トロ社のプレミアムワインです。特にマッピングという革新的なシステムを導入されてから成果が現れだした1999年ヴィンテージ以降がより高い評価を得ています。


ラペル・ヴァレー、ペウモ地区の「ペウモ農園」はカチャポワール川の沿岸に位置する畑で、土壌は深い堆積粘土層です。それがブドウの木に適度な水分を与えて、カルメネール品種の熟成に大きな影響を与えています。又、川からくる冷涼な空気が、夏期、夜間に気温が上がりすぎるのを防ぎます。そのためハングタイムが長くなり、まろやかなタンニンのブドウが収穫されます。

収穫はすべて手摘みで行われ、熟成はフレンチオーク樽で18ヵ月間熟成させます。

「カルメネール」という品種は?
カルメネールは、17世紀から18世紀、そして19世紀初頭にかけて、フランスのボルドー地方、メドック地区に広く分布する品種でした。
この品種を初めてチリにもたらしたのが、ワイナリーを所有していたチリの貴族達でした。彼らはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなどの品種とともに「カルメネール品種」もチリに導入しました。その後、フランスがフィロキセラ災害に襲われ、ブドウが壊滅状態になった為、健全なブドウをチリから再度フランスへ持ち帰ったのです。その際、カルメネールのブドウはフランスの栽培地の湿度の多さと寒い春の気候に合わないという事で、フランス持ち帰り品種からはずされる事になりました。その為、カルメネール品種は絶好の栽培条件を備えたチリ特有の品種として生き残ってきました。

自然な甘味のやさしい味わいで、深みがありながらも渋みを感じさせない、飲みやすさが特長です。「チリらしい個性のあるものが飲みたい」「色んな品種を飲んでみたい」「ワインの渋みやタンニンが苦手だけど、赤ワインが好き」という方に特にお勧めです。

カルメネール品種は他の品種よりも2、3週間、収穫時期が遅く、完熟したサインはブドウの葉が美しい深紅色に色づいた時です。
「木の葉の美しい色づきを指すのが、カルメネールの語源カルミネ(深紅色)である。」と言われています。


カルメネール品種で作られたワインは、「深い色合いとスムーズで角のとれたマイルドなタンニン、そして熟したベリー系果実の風味がする骨格のしっかりとしたワイン」となります。カベルネ・ソーヴィニヨン品種よりもやわらかで繊細なボディを持っている事が特徴です。

マルケス・デ・カーサ・コンチャ 醸造責任者マルセロ・パパ
コンチャ・イ・トロの若き貴公子
カベルネ・ソーヴィニヨンのブドウへの情熱を認められ、1998年に入社。以来伝説を生んだ「カッシェロ・デル・ディアブロ」の醸造を担当し、1999年より「マルケス・デ・カーサ・コンチャ」を合わせて担当しています。現在は、彼はプエンテ・アルト・セラーで主任ワインメーカーに任命されています。

彼のコメントには「我々の長年にわたるブドウ畑の優れた栽培管理によって、果実に由来する最高の凝縮感と個性を引き出してきたことが、マルケスのスタイルの伝統になっています。毎日のなんらかの変化に対するチャレンジの連続、ワインメーカーはまるでアーティストのようです。」とあります。

この商品についてのレビュー

よろしければご賞味いただいた感想をお寄せください。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません