フォンセカ ルビー・ポート

トップ > スペイン/ポルトガル > フォンセカ ルビー・ポート

6世代にわたり家族経営でポート・ワインを造り続ける『ギマラエンス家』

商品コード:wdnl0205

フォンセカ ルビー・ポート

色・容量: 赤・750ml
産地: ポルトガル
品種: トウリガ・ナシオナル トウリガ・フランセーザ ティンタ・バロッカ ティンタ・ロリス
味わい: 甘口
※セットを複数ご注文の場合、セットごとの梱包ではございません。

参考価格:99,999円(税別)

販売価格:2,431 円(税別)

26 ポイント付与


商品説明

フォンセカ・ギマラエンスのポートワイン造りはきわめて伝統的で、
昔ながらのラガールに男たちが入り、ブドウを足で踏んで破砕し、
自然酵母にて発酵させています。


美しいルビー色。カシスやプルーンなどの黒色の果実が熟した
フルーティな香りがします。コクのある、若々しいワインで、
新鮮さと勢いがあります。程よい長さの余韻とまろやかな味わい。
芳醇でコクのある、調和のとれたワインです。


食後のドライフルーツ、ナッツ、チースなどと合います。
もちろんデザートとして冷やしてポートだけでも楽しめます。

 

ポートワインとは、ポルトガル北部のドウロ川渓谷で造られる酒精強化ワインです。
原産地呼称(D.O.)ワインの一つで、ドウロ川沿岸の土壌では、
寒暖の差が激しく糖度の高いブドウが収穫されます。

 

ポートワインの生産地は、急斜面や段々畑が多く、
ブドウのほとんどが手摘みで収穫されています。

ブドウ畑はワイン生産者管理委員会によって6段階に格付けされています。
天然の糖分を残す為、醗酵途中にブランデーを添加して造られ、
翌年の春まで樽で寝かせ、オポルト南岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイヤの
酒庫で熟成、ブレンド、調整された後に、オポルト港から輸出されます。

ルビーポートは樽で3〜5年熟成させた若いポートをブレンドした
美しいルビー色で最もポピュラーなポートワインです。

 

『1822年に、マヌエル・ペドロ・ギマラエンスは、フォンセカ社の
株式の大半を取得し、フォンセカ・ギマラエンス社を設立しました。
その後まもなく起こった政変によって、自由主義を支持していた
ギマラエンスは、ポルトガルを逃れることを余儀なくされ、ポート樽に
隠れてイギリスに渡りました。
この時から、1927年にポルトガルに戻るまで、フォンセカ・
ギマラエンス社は、イギリスに本拠を置くことになりましたが、
この間にビジネスは大きな成長を遂げ、高い評価を得ました。
1840年には、フォンセカ・ギマラエンス社は、ポートで2番目に
大きな会社となり、1847年に、同社の初のヴィンテージ・ポートが、
イギリスに向けて出荷されました。
それ以来、ギマラエンス家は、全てのヴィンテージ・ポートを
自らの手で造ってきました。 そのハウススタイルは、濃厚な色調、
凝縮したダークベリーの香りと味わい、しっかりした構成と
バランスの良さで、何十年にも亘る熟成が可能です。

この商品についてのレビュー

よろしければご賞味いただいた感想をお寄せください。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません